高機能電子カルテHeartBaseの機能 ①

詳細設定機能

自医院の名称・所在地・連絡先やロゴマークをはじめ、診療科目ごとにドクターも設定可能です。
また、受付をはじめ検査担当・看護師などのユーザーも個別に登録することができ、書き込み・修正などの権限も細かく設定されています。

患者台帳

患者台帳はHeartBase上から登録する事も出来ますが、既存のORCAにて患者さんを管理している場合は、ORCAから登録・受付も可能です。患者さんの顔写真を登録する事も出来ますので、同姓同名の診療(検査)ミスは起こりえません。

保険区分・番号はもちろん氏名・生年月日・性別などあらゆる患者データをORCAと共有します。同じデータを毎回入力する必要はありません。

患者状況リスト

当日の受付(予約)患者さんのデータを時間毎にリスト表示します。患者総数・診療科目・受付済み・診察待ち・検査待ち・会計待ちなど分かりやすいステータスが表示されますので、受付担当をはじめ、診察・検査担当者も次の患者さんが一目瞭然で、あと何人待っているかも分かります。

カルテ機能

もちろん詳しいカルテ機能がHeartBaseのウリのひとつです。
カルテ画面には患者情報をはじめ様々な項目が並びます。

現病歴・現症

5W1Hの独自のフレーズインプット機能でキーボードを使わず入力することができます。
「いつ(頃)から」・「どこが」・「どうして」・「どのように」・「どうした」を接続詞もすべてリストから選ぶ事でキーボード入力を無くすことができます。マウスで選ぶだけで文章が完成します。また選ぶワードは追加や編集も自由に可能です。使いやすいようにカスタマイズが可能です。

 

マウスで入力したフレーズインプットのデータは、現病歴・現症欄に文章化され記載されます。

検査記録

クリアグリッド機能と呼ばれるレントゲンやシェーマを使った画像上に所見を残すことができます。前述のフレーズインプット同様、マウスで選ぶだけでほぼすべて記録が可能です。

診断・処方

診断名や処方は、フレーズインプット・クリアグリッド同様にドロップダウンリスト から選ぶことができます。

特に薬剤情報は約25000件のデータを最新に更新することで、間違いなく処方することが出来、薬剤情報アイコンをクリックするだけで、該当の処方薬の詳細情報を表示することが出来ます。

また、約束処方リストを利用することで、処方セットをワンクリックで記入できます。また、入力された処方リストはそのまま処方箋として印刷できます。

もちろん約束処方リストも細かく編集できます。
症状に応じた処方セットを予め登録しておけば、カルテ入力の際の手間はぐっと減らすことが出来ます。当然用量・用法・日数なども自動的に入力されます。

処方指示履歴もA4サイズに印刷できますので、院内での伝搬用に、また複数名での処方チェック用にご活用いただけます。

特定管理指導

最も入力が容易な方法で記入できます。それは該当箇所をクリックするだけ。
クリックされた箇所は丸印○が付きますので一目瞭然です。

2号用紙対応

通常のカルテ入力画面から2号用紙へ切り替えも2号用紙アイコンをクリックするだけのワンタッチです。それぞれの画面はA4用紙サイズへ自動的に変換されて印刷する事ももちろん可能です。

いかがでしたか?キーボードを使わずに入力する高機能電子カルテ「HeartBase」は患者さんと向き合う時間を最優先した電子カルテを目指して開発がスタートしました。電子カルテ「HeartBase」は、既存のシステムにとらわれない自由なカルテ環境をお約束します。

HeartBaseの機能 ②へつづく