ハートベース

電子カルテ ハートベースとは…

ハートベースとは、現在市販されている、いわゆる医事用のレセプトコンピュータの延長線上にあるような既存の電子カルテとは全くコンセプトを異にした、まさにドクターや医療スタッフの皆さんのために記録しやすく、参照しやすく、また利用しやすくするために開発された、全く新しいコンセプトの多目的型の医療用データベース・電子カルテです。

基本的な操作は殆どアイコン操作とプルダウンメニュー選択のみで行うことができ、キーボード入力の必要性を極限まで削ぎ落としています。また、いったん入力したデータは、処方箋や薬剤情報提供書だけでなく、検査指示票、検査データリスト、患者情報提供書、診断書、NCP(看護計画)指導書、食事カロリー計算表、さらには返信はがきや四季のはがき、封筒の宛名印刷までを可能としております。

さらにハートベースはORCAとの連携は独自インターフェイスを開発しシームレスにORCA ∗(日医標準レセプトシステム)とも連動して使用することができます。

つまり、ドクターはレセプトを気にすることなく理想的な環境でハートベースを診療に使用し、同時に医療課はORCAによって何の問題もなくレセプト入力・請求することができるのです。 そして何より特筆すべきなのは、分りやすいアイコンベースで構築されたそのレイアウトとデザインの美しさとすばらしさです。だれもがこのハートベースを一目見た瞬間、何としても使ってみたいという衝動に駆られることでしょう。そして今あなたが決断したその瞬間、それは本当の現実となるのです。

  • ※) HeartBase:現在無料DLでご提供して電子カルテは、無償ランタイム版の試用版です。
  • ※) FileMakerPro ∗: FileMaker社の提供する連携データベース環境です。
  • ※) ORCA:日本医師会の提供する標準レセプトシステムです。

私たちは電子カルテ「HeartBaseハートベース」をよりよい医療用データベースに育てていくために、利用者の皆さんのアイデアやご提案を心よりお待ちしています。

 

HeartBase誕生

電子カルテ「ハートベース」

プルダウン選択入力
Quick Text

患者の問診および聴診等に沿って、
既往歴、現病歴、身体所見等を入力していきます。
これらの多くはプルダウンメニュー選択形式になっていて、
最初の2、3文字を入力することで候補を絞り、その中から該当する所見文字列を選びます。

5W1Hの文節入力
Phrase Input

現病歴の入力は、5W1H方式(いつ、誰が、どこで、どうして、何を、どのように)で、文節ごとに語句をプルダウンメニュー選択形式で入力していきます。
この文節入力形式によって、思いがけない誤変換により診察が中断してしまう日本語特有の問題から解放されます。
特許申請中「特願2016-043946号」

           処方・用量・用法の自動入力化
Quick Récipe

薬剤を入力すると、その薬剤の一般的な用法、容量および処方日数が入力されますのでいちいち入力する手間が軽減されます。
(※症状によって用法・容量など異なると思いますので、実際の処方では各担当の

医師が自らの責任で適切に行ってください)

透明グリットによるメモ入力機能
Clear Grid

透明(クリア)グリッドは、画像フィールドの上にかぶせた透明な格子で、格子のそれぞれのマス目(マトリックス)全てにプルダウンメニューを持たせることで、取り込んだ画像に簡単にメモやマークを付けることが出来ます。
これで使いづらいデジペン入力やマウス入力によるリハビリ作業ともお別れです。
特許申請中「特願2016-043946号」

医療書類を3分以内に作成
Quick Letter

HeartBaseは追記・集積型のカルテであり、何度目かの診察後に診療情報提供書を発行するときは、ほぼ必要な内容の7、8割が既に記入されています。
残りの2、3割を加筆修正すれば、ごく短時間(数分以内)で診療情報提供書が完成します。

ORCA日医標準レセプトとの連携

「HeartBase」その特徴

このシステムの特徴は、単に紙のカルテに置き換わるものではなく、あくまでも診療支援と診療記録機能に機能を絞った点にあります。

そのため、入力に関しては徹底的にこだわり、マウスの操作だけでさまざまな作業ができるように工夫がなされていると自負しております。

例えば、入力作業の多くは、プルダウンメニューで項目を選択するだけで、値や定型文書が入力できます。
数値をキーボードで入れるのはまだしも、「かな漢字変換」を使用して長い文章を入れるという操作は、現場の医師であればご理解いただけると思いますが、診療の妨げにしかなりません。

また、ファイルメーカープロは簡単にレイアウトが追加できるため、同じデータでもさまざまな表示(表現型)が可能であり、しかもあらゆるパーツにボタン機能を設定できるため、要所要所をクリックするだけで他のレイアウトに切り替えることを可能にしています。

これによって、その場その場でもっとも必要とされる画面に瞬時に切り替えることができます。
(例えば、「患者リスト」や「検査リスト」だけでも5種類以上のバリエーションを用意しています)

医師が患者のために作る資料は、基本的なものだけでも薬を出すための「処方箋」や「薬品情報提供書」「診断書」他の医療機関への「患者情報提供書」「紹介状」「入院証明書」などがありますが、これらの資料は病気の診断名、そのための処方薬、診断のための血液検査やレントゲン写真などを転記する作業がほとんどです。

この診療支援ツールでは、診療に必要な診断名、処方薬、初診日などを登録することで、こうした資料のほとんどを再入力することなく、必要な医療文書を作成することができます。

さらに手術をすればその記録を追加で記入でき、手術記録も作成可能となります。
どの画面でも基本的には項目への追記、編集が可能なため、紙に書いているようなイメージで使用できるのが最大の特徴と言えます。

会社概要

会社概要

会社名
株式会社 あんべ ハート・コーポレーション
設立
2015年5月1日
本社
〒356-0053 埼玉県ふじみ野市大井621-12
連絡先
TEL 049-256-0675
FAX 049-256-0685
MAIL support@heartbase.jp
代表者
安倍みどり
事業内容
近未来電子カルテ『ハートベース』の普及・開発・販売

あんべ ハート・クリニックについて

あんべ ハート・クリニックでは高血圧・心臓病を中心とした、循環器科、内科、心臓血管外科の診察と治療を行っております。
「心臓病」というと何か敷居が高いような感じを持たれますが、動悸、不安感、胸や背中に違和感を感じるなど、少しでも不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
常に患者さんと同じ目線で、患者さんの気持ちになっての全人格的な治療を続けながらも、また元気に仕事に家庭に復帰して頂くことが当クリニックの最大の目標です。

あんべ ハート・クリニックのHPはこちら

HeartBase無料体験版

下記のフォームに必要事項をご記入いただき送信ボタンを押してください。
送信後にダウンロード用のリンクが表示されます。





送信後にこちらにダウンロード用のリンクが表示されます。

お問い合わせ

お問い合わせ先

電子カルテのお問い合わせ は24時間受け付けております。些細なことでもお気軽にお尋ね下さい。

サポート体制について

ユーザー様へは、サポート窓口の情報をメールにてご連絡差し上げます。
メール、電話にてご不明点などの対応をいたします。
また、リモート環境(Team Viewerなど)があれば、リモートで操作のサポートも可能です。

メール・電話・Faxは、無償対応させていただきます。

メール :support@heartbase.jp (24時間365日受付)
電話:049-256-0675(休診日を除く8:30-18:00)
FAX:049-256-0685(24時間365日)

訪問などは実費請求をいただきます。

費用:ご訪問の場合は、交通費及び実費をご請求させていただきます。
対応エリア:一都三県(東京、千葉、埼玉、神奈川、その他はご相談ください)

バージョンアップ

アプリケーションがバージョンアップしましたら、逐次バージョンアップ情報をメールにてご連絡いたします。

 

電子カルテのお問い合わせ

HeartBaseについてサポートについてPCに関するお問い合わせORCAについてその他


私たちは電子カルテHeartBaseハートベースをよりよい医療用データベースに育てていくために、利用者の皆さんのアイデアやご提案を心よりお待ちしています。